はじめに

【はじめに】

ビジネスを行う上で、最も大事な事、それは。「会計」と「営業」です。

つまり、お金の出入りの管理とお金を稼ぐ方法です。

会計の事は、税理士や会計士などがたくさんいて、専門家に依頼すれば、多くは解決します。

しかし、不思議なことに営業。そして、集客方法や宣伝方法に関しては、多くの方が専門家に依頼せず、自分で独自の方法でやっています。そして、多くの方が悩むのは、やっぱり、営業=集客・宣伝なのです。

なぜ、多くの経営者が悩むのか?答えは簡単です。営業活動に正解がないこと、そして、悩んでも相談する所が、会計事務所のように数が多くない。もしくは、まわりに存在しないからです。

【超!集客販促のネタ帳について~コンセプト】

このサイトは、営業コンサルティング会社としては、5年以上会社をやっている「たなけん」の約20年のビジネスのノウハウをまとめて公開しているサイトです。

ノウハウのベースには、20代で一生懸命修行ともいえる日々を過ごした経営コンサルティング会社の経験とノウハウが、根底にあり、それらをベースに、日々の経営に関わる現場で、様々な業種業態に関わりながらアレンジしたものです。

世の中に「営業のこと」や「集客宣伝のこと」で、悩んでいる人がホントに多い!何とかそんな人のお役に立ちたい!と会社を起業したのが。5年以上前。そして、以前、大変お世話になったお客様(残念ながら数年前に故人になってしまいましたが)その方と私とのお約束、故人の生前のアドバイスで、「ノウハウをもっと広く世の中に公開すべきだよ!」とずっとといわれてたこと。それがきっかけで、このサイトをオープンし運用してます。集客や宣伝でどうしよう?と、アイディアや発想に行き詰ったとき。きっと、このサイトは、あなたの新しいアイディアのよりどころになると私は確信しています。

 

【実務を行う上で、これだけは押さえておくべき理論その1】

消費者の行動パターンを分析した理論で 「AIDMA理論(アイドマりろん)」というものがあります。

これは。消費者が何かしらモノを購入する場合に、消費者のココロの動きをパターン分類したずいぶん昔の理論なのですが、

今でも、実際の購買行動では、必ずといっていいほど、この購買パターンにそったココロの動きで、消費者は、商品を購買する。もしくは購買しないと意思決定しています。WEBの世界での購買パターンもほぼ同じです。(最近では、ISASという行動パターンで分類される場合もありますが。基本的にはまずAIDMA理論をしっかりマスターして、使えるようになれば、後は応用で何とでもなります。)

ここで言う、AIDMA理論は、マーケティングの基本のひとつ。ビジネスを行う上では、絶対理解必須の考え方です。

 

【このサイトの使い方のコツ】

サイトの基本的な考え方のベースには。「行動心理学」がベースにあります。ただし、小難しい学問としての理論ではなく、日々の現場の宣伝活動に役立てるように、難しい理論をかんたんに感じて頂ける様に、なるべく配慮して作成しています。

ただし、AIDMA理論に関しては、打ち合わせメンバーの中でそれぞれが理解してる上で、お話しできた方がスムーズです。

なぜなら、AIDMAのプロセス毎に、集客販促のアイディアを分類しているからです。

販促のアイディアに行き詰ったとき。スタッフのみんなと一緒にサイトを見ながら、あーでもない。こーでもないと打ち合わせや相談に使っていただけれれば、きっと新しいアイディアが浮かぶはずです。

 

AIDMAなんで、そんなこと知ってるし、当たりまえだよ!という方も

へぇー知らなかった!という方も、下記は必読です。

必読AIDMA理論を世界一わかりやすーく解説。